ロケーション
  1. ホーム
  2. クオンの本

이전 제품 보기

다음 제품 보기

オプションの選択

満月の下の赤い海

(海外配送商品)
このブランドの商品一覧

商品オプション
上記情報で選択
ロケーション
  1. クオンの本

数量を選択してください。

オプションを選択すると商品が追加されます。

商品一覧
商品数 価格
あ3300 (  )

割引額が適用された最終的に支払われる金額は、注文の時にご確認いただけます。

基本情報
商品名 満月の下の赤い海
価格 ¥3,300
送料 ¥550 (¥7,000以上の購入で送料無料)
ISBN 9784910214375
QRコード
qrcode
画像保存URLをコピーツイッターへ送る

SHOPPING GUIDE ショッピングガイド

  • 在庫により出荷まで3~14日程かかる場合があります。配送状況は注文履歴でご確認ください。
  • 購買時には「オプション」と「数量」を必ず確認してください。
  • 在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
  • 「代金引換」以外の場合、お届け日のご指定は承っておりません。
  • ご注文・お問い合わせの前に、必ず当店からのメール(ドメインは chekccori-bookhouse.com です)が受信できる状態にしてください。
  • フリーメールアドレスや携帯電話のアドレスをご利用されている場合、当店からのご案内メールや出荷完了メールが届かないことがあります。
  • お持ちの携帯電話にて、『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定内容を必ず確認してください。

イベント

DETAIL INFO 商品詳細

7月初旬先行発売! ご予約受付中


虐殺と歴史、記憶の抹殺。
その歴史の底で沈黙する者たちの
“悲しみ”を、夢と現実を往還する
苛烈な想像力によって解き放つ──

大長編小説『火山島』の著者が「これだけは書かなければ」という想いを込めた最新作。


済州島四・三事件をテーマに書き続ける在日の老作家K。
若き日に北朝鮮関係の地下組織に参加したものの離脱、その後の精神的危機とさまよいを回想する「消された孤独」。
韓国語と日本語のはざまで二つに割れた存在に苦しみつつ韓国舞踊を学び、島を想う在日女性との対話を描いた「満月の下の赤い海」。
四十二年ぶりとなる自らの故国・韓国訪問と済州での取材を通じて、語りえない記憶の真実に耳を澄ませる「地の疼き」。
三編の小説と対談を収録。

金石範 著 344ページ|2022年7月25日刊行

目次

消された孤独  (初出「すばる」2017年10月号)
満月の下の赤い海(初出「すばる」2020年7月号)
地の疼き    (初出「すばる」2022年5月号、6月号)
対談 これだけは書かなければ


著者プロフィール

金石範
1925年、済州島出身の両親のもと大阪市で生まれる。
代表作に「鴉の死」、『火山島』(大佛次郎賞・毎日芸術賞受賞)、『死者は地上に』、『過去からの行進』、『海の底から』など。
今春には最新作「地の疼き」(本書所収)を「すばる」5月号、6月号で発表した。
SHOPPING GUIDE ショッピングガイド

PAYMENT INFO

お支払について

決済手段は下記のとおりです。

- 代金引換

- PayPal(ペイパル)

DELIVERY INFO

配送について

配送方法 : 宅配
配送地域 : 全国
送料 : ¥550 (税込) (離島など一部地域を除く)
配送期間 : 3日 ~ 14日
7,000円以上の購入で送料無料
(セール中など一時的に変更されている場合があります)

ー 配送ガイド ー

在庫により出荷まで3~14日程かかる場合があります。配送状況は注文履歴でご確認ください。

EXCHANGE INFO

交換・返品について

1. ご注文のキャンセルについて

‐ ご注文状態が「商品準備中」の状態の時のみキャンセルが可能です。(ご注文状態は「注文履歴」でご確認ください。)


2. 交換および返品について

‐ 交換・返品ご希望の方は、メール・電話などでご連絡をお願い致します。

SERVICE INFO

サービスに関するお問い合わせ


top